いろいろなのぼり

旗は古くは戦場での目印としての役割がありましたが、現代では宣伝用や、興行用などがおなじみの使い方になっています。

カラフルにデザインされたのぼりはチラシなどを配ることと同様な宣伝効果があるようです。

サイズもいろいろあり、レストランなどでよく見かける卓上ののぼりもまた、お客さんの目を引く効果が抜群です。

また、催事場などでも良く見かけることもあり、のぼりの効果で人が集まってくることもあるようです。

相撲や歌舞伎の興行でものぼりは欠かせません。

名前が入ったのぼりがたつということは、興行での花形であることを意味することですので、役者や力士にとっては大変名誉なことでしょう。

男の子へ贈るこいのぼりもまた、のぼりのひとつです。

これはもともと武家の習慣の中で、男の子がうまれたら、馬印やのぼりをたてて祝う習慣からきているようです。

それが、一般や庶民にもひろまり、こいのぼりをたてるようになっていったそうです。

こいのぼりと一緒に五色の吹流しを飾りますが、それは、子供が無事に成長することを願って、魔よけとして一緒に飾るという意味があるようです。

江戸時代から戦前までは布が効果であったこともあり、紙に書いて作っていたそうです。

その後、ナイロンや、ポリエステルなどが利用されるようになりました。