のぼりの歴史

のぼりは武将が戦場で用いた目印のような役割を果たしていたようです。

形や色を工夫して、味方と敵とを見分けるためには適していたようです。

はじめは木に長い布を巻いて、風になびかせる流れ旗がはじめのようです。

時代が経つにつれて、武家の家紋や、旗印がつけられるようになっていきました。

また、管理方法も旗ざおに上下をしっかり結び付けるなど、軍の象徴として利用されていたようです。

戦がなくなった江戸時代に入ると、浮世絵師や染物職人などがのぼりを描いていることも多くなっていったようです。

布ののぼりは高価であったため、紙製のぼり旗が使用されていたそうです。

そして、庶民は自分たちのお祝いなどで使っていたのぼりは自分たちの手書きのものを飾っていたようです。

現代ではのぼりはさまざまな場面で利用されるようになってきました。

たとえば、魚屋やすし屋、スーパーなどの宣伝用ののぼりや、劇場や相撲などの興行でよく見かける興行のぼりなどがあります。

いずれにしても、お客さんや、人がたくさん集まってにぎわうようにとの願いがこめられたのぼり旗となっています。

漁船で使われている大漁旗などは、船の航海の無事と、大漁であるようにとの願いがこめられた旗となっています。